未来予測2035 レポート&デジタルサービス

第四次産業革命「クラウドロニクス」のゆくえ

「未来予測2035」は、予測のターゲットを「2035年」に伸ばすと共に、レポートをフレームワークから書き換える5年に1度の全面改訂にあたります。今回のメインテーマは、「第四次産業革命『クラウドロニクス』のゆくえです。クラウドは、これまでも「未来予測レポート」でも大きく取り上げてきたテーマであり、最初は「苦労なく書けるだろう」と思っていました。とんでもない間違いでした。

今回の新レポートは構想だけで丸1年を費やしました。そして執筆を始めてからも、何度も構想を練り直すことになりました。人工知能・ロボット・IoTがもたらす新しいコンピューティングの世界は、私が当初考えていたよりはるかに大きなスケールのものだったからです。

今回執筆する中で、「クラウドロニクス」は、これまで人間が経験してきた「産業革命」の中で最も大きなものである、と理解するに至りました。コンピューティングの変化ではありますが、IT/ICTとはレベルが違うものです。そして、これが「第四次産業革命」と呼ばれる変化の根底にあるものです。

クラウドロニクス以外にもう一つ、今回のレポートでどうしてもお伝えしたいのは、「今後5年位の間に、日本の財政は行き詰まる可能性が高い」ということです。個人的にも、こんな悲観的な予測は外れて欲しいと思っています。「未来予測」は、これまで「明るい未来」を提示することに努めてきました。

しかし国の債務はGDPの2倍を超える1100兆円を超え、国家財政の依然3割以上を国債に頼っています。さらに、今回のコロナ対策の補正予算で国債残高は90兆円も増え、国の財政はさらに、そして一気に悪化しました。ブレーキの利かなくなった財政は破綻するのは時間の問題になっています。それなのにそこから目を逸らして、「明るい未来」だけを思い描こうとするのは“能天気”でしかない、と私は考えます。

事実を見据えた上で、新しい時代を創っていく。そのために必要とされるであろうシナリオを今作で提示しました。チャールズ・ダーウィンが唱えた「適者生存」で、この激動の時代を一緒に生き抜いていきましょう。

株式会社アクアビット
代表取締役 チーフ・ビジネスプロデューサー
「未来予測レポート」シリーズ 著者
田中 栄


ご注文は弊社ホームページより承っております。

前の記事

講演